シミウスの成分を解析!合う・合わない・効かない人は?!

シミウスにはたくさんの成分が配合されているわけなんですけれども、具体的に化粧品としてどのような働きをしてくれているのかということは気になることですよね。いくつかの成分については耳にしたことがあるかもしれませんが、なかには珍しい美容成分もあるのでどういったものなのかはわからないということもあるでしょう。

ここでは、シミウスに配合されている特殊な成分について解説していこうと思います。

 
・トウキンセンカエキス

これは肌に対しての血行促進作用や抗菌作用・保湿作用を目当てとしてシミウスに配合されている成分ですね。トウキンセンカエキスはニキビ対策の化粧品に使われることも多く、敏感肌の人でも安心して使われる成分です。

・カモミラエキス

カモミラエキスというのはカモミールから取ってきたエキスで、保湿効果が非常に高く肌に優しい成分ですね。シミウスはもうシミ対策を第一の目的としているわけなのですが、紫外線に肌が当たってしまった時にメラニンの生成を抑えてくれる効果を持っています。そういう意味では美容美白化粧品に多く使用されるものなのですが、シミウスの中でも重要な成分ということになりますよね。

・セージエキス

その名の通りのセージから抽出したエキスで、血行促進作用や抗菌作用があるようです。セージはが古くから食用としても使われている成分なので化粧品としても安心できる成分ですね。

・オトギリソウエキス

美白作用があるだけではなくて、外出した時の日焼け止め効果も1つの目的としてシミウスでは採用されています。

・アルニカエキス

アルニカエキスというのはカモミラエキスと同様に嫌なシミの原因となってしまうメラニンの生成を抑える働きを持っています。保湿力も非常に高いので乾燥肌の人にとっては大事な成分と言えるでしょう。

・ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムは多くの化粧品に使われている成分なのでそれほど詳しい説明はいらないかもしれませんね。保水力が非常に高い成分で角質層に潤いを与えてくれるので普段から肌のカサカサに悩まされている人にとって有効な成分と言えるでしょう。

・ペンタンジオール

ペンタンジオールはあまり聞きなれない成分なんですけれども、化粧品の中では抗菌力が重宝されていたり保湿剤としても大事な働きをしている成分です。

・プロピレングリコール

プロピレングリコールはペンタンジオールよりは有名な保湿成分でしょう。シミウスどのような美白対策の化粧品だけではなくて様々な商品で利用されることが多い成分です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ